どのような観点で、バリューアップ工事を計画すればよいでしょうか?

2010/9/1

今や不動産は金融商品として扱われ、価値は収益還元法によって評価されることが一般的になっています。
そして、昨今の経済状況下では、「最近空室が多いけど、何とかテナントの入居率を上げたい。」「テナントにずっと居てもらうにはどうすれば良いのだろう。」「少しでもメンテナンスコストを下げたい。」「近々に、物件をより高値で売りたい。」といった声を投資家サイドから良く聞きます。
これらから分かることは、投資家サイドは以下の三つの要素を改善することによって、建物の資産価値を少しでも上げたいと思っていることなのです。
・賃料収入を増やす
・維持管理費用を減らす(LCCを減らす)
・Cap Rateを下げる
したがって、上記三つの要素を最大限まで改善するためのバリューアップ工事を施すことが、資産価値向上の一つの解決策となります。

This entry was posted in FAQ. Bookmark the permalink.