【ビルの省エネ化②】「エネルギーの見える化」とは、何のことですか?

2011/7/26

前回のFAQで、ビルの省エネ化を進めるにあたって消費エネルギーの実態把握が先ず必要であることはご説明しました。 それは、ビル内の設備機器がどのくらいのエネルギーを消費しているかのデータを、見える化することでもあります。

見える化の具体的な方法として、ビル内の主要設備機器に無線センサー等を取り付け、通報端末を経由して電力量や温湿度等の計測データを収集・蓄積し、それを分析できる中央監視システムを構築することが考えられます。これによって、蓄積データをグラフ化等により解析し、運用改善と効果検証までの省エネPDCAサイクルを継続的に回すことが可能となります。

This entry was posted in FAQ. Bookmark the permalink.