今週の野花②-椿

2011/2/7

藪椿 (ヤブツバキ)

今回登場の椿は、赤い花弁の中に黄色いめしべの入った花だけではなく、周辺を艶やかな緑に彩る葉も魅力的です。冬から春にかけての茶花を代表するものです。

写真は藪椿(ヤブツバキ)という品種で、日本の青森以南に自生している在来種です。その他の在来種と園芸種を加えれば、何十種類もの椿が存在します。椿の花は、首が切り落とされたように突然に散るので、縁起を担ぐ人には好まれず、特に戦国武士には忌み嫌われたようです。花期は、10~3月。

椿が描かれた江戸時代の染付小皿

江戸時代のやきものに描かれた椿

This entry was posted in FUJINO BLOG, 今週の野花. Bookmark the permalink.