石のはなし⑯-バルチック・ブラウン

2011/1/13

バルチック・ブラウンの拡大写真

今回はフィンランド産の石、バルチック・ブラウン (Baltic Brown) を紹介します。

大きな玉柄が特徴で、それがとても美しい茶系の御影石です。石の表情を見ていただくために、拡大写真を掲載しました。
今まで紹介してきた中で、最も遠方から運ばれてくる石です。昨年末にNHKで放映された「坂の上の雲」に登場するロシア・バルチック艦隊とほぼ同じ海路で、日本まではるばる運ばれて来ます。

エントランスホールの壁に貼られたバルチック・ブラウン

二枚目の写真は、新橋にある店舗・事務所複合ビルのエントランスホールを撮ったものです。壁にバルチック・ブラウンを本磨きで使っています。また横目地部を小段加工し、表情にアクセントを持たせています。
この物件も、私が海外調達を担当しました。エントランスホールの壁のほか、床や1階部分の外壁の石もイタリア石材加工会社で原石から製品にし、コンテナ船で輸入しました。ゼネコンの調達部門に配属されて二番目の物件だったので、思い出深いものがあります。

このバルチック・ブラウンは、内装を茶系でシックに纏めたい場合に選択肢の一つとして考えられる石です。

This entry was posted in FUJINO BLOG. Bookmark the permalink.